Umbrelland

柴原智咲が自分の足で世界をあるいていくブログ

戸隠古道を行く。戸隠神社、徒歩での五社巡り。②

f:id:tana88:20170727001805j:plain

 

 

 お待たせしました、戸隠神社五社巡りの記事の続きです。

 (前回の記事はこちら↓) 

 

umbrelland.hatenablog.com

 

 

 意外にも多くの方が戸隠五社巡りが気になっているようで、やっと放置していたブログを急遽整えたという感じなので(すみません)、今後も少し記事の手直しが入ります。

 交通費とかコースタイムとかも後々最後のページとかにまとめるのでもう少々お待ち下さい。

 

宝光社を目指す

 戸隠、といっても最初はいまいち全体像が分からないと思うので、まずはマップを見てください。観光協会が作っている戸隠古道マップがとても見やすいしわかりやすいです。

togakushi-21.jp

 

 

f:id:tana88:20170727001641j:plain

 

 さて、迷いながらも無事に戸隠古道に入ると、こういう感じの道を歩いていくことになります。もちろん全然人が居ません(笑)。

 一人で行く人は熊鈴が必須だと思いますし、一人でなくてもにぎやかに話しながら歩いたほうがいいんじゃないかなあ。

 

 山歩き、森が好きな人はもうワクワクしちゃう素敵な雰囲気の道です。たのしかったです。

 

 しかし。

 地図を見るとわかると思うのですが、戸隠古道、途中まではだいたい車道に沿っています。沿ってはいるけどまあ平行なだけかな、と思っていたのですが、実際には車道のすぐ横です。下の写真の右側、ちょっと歩けそうな草が生えているところ。これが実は戸隠古道なのです。古道感はどこへ......。

 

f:id:tana88:20170727001703j:plain

 

 とはいえずっと車道横、というわけでもなく、たまに森のほうへ入ったりしながら、ひたすら歩きます。道も平坦だし、大きなみどころは特にありませんが、花が咲いていたり、栗が落ちていたり、不思議な形の木が生えていたり、のんびりお散歩、という感覚です。

 

f:id:tana88:20170727001730j:plain

 

 ずっと車道沿いだと、本当に戸隠古道を歩いているのか...?という気分になりますが、時々標識もあるので、道に迷うことはないかと思います。

 

f:id:tana88:20170727001819j:plain

 

 しばらく歩くと、案内板のある場所に出ます。地図にある「祓沢」のところですね。

 ここで、車道沿いの道が終わるので、いよいよ古道ウォークらしくなっていきます。

f:id:tana88:20170727001837j:plain

 

町石(ちょういし)

f:id:tana88:20170727001618j:plain

 

 戸隠古道を歩いていると、たびたび上の写真のような石があるのに気付くかと思います。戸隠に限らず、徒歩での参拝者が多い登山道やハイキングコースでも見かけたことがある方もいるのではないでしょうか。

 

f:id:tana88:20170727001910j:plain

 

  このような石は、「町石〈丁石〉(ちょういし)」と呼ばれる、里程標です。

注意していないとつい見逃してしまいそうになりますが、一町(約109m)ごとに置かれています。

  昔のものは、崩れてしまったり、埋もれてしまったりしており、多くは近年作り直したもののようですが、一の鳥居跡から宝光社・中社、中社から奥社へ続く道の脇にずうっと続いています。

 かつて、参拝者たちは、この町石を頼りに戸隠古道を歩いていたのでしょう。時を経て私は今、その同じ道を歩いているのか...と思いながら足を進めます。

 どうせなら全部写真に撮ってやろうじゃないか!と意気込んで始めてみましたが、だんだんと面倒になってきて、途中で挫折しました(笑)

  写真の説明にもあるとおり、奥社参道では杉に飲み込まれつつある町石をみつけることができます。

 

 ...と、それにしても驚くほど人に遭遇しない。

自分の足音と、熊鈴の音、そして風の音をききながら、

 (書きかけですが、とりあえず投稿しちゃいます。少しずつ更新します)