読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Umbrelland

柴原智咲が自分の足で世界をあるいていくブログ

雑記的なものをゆるゆると書いてみる。

雑記

 

 しばらく試行錯誤が続くということで。今日はゆるりと雑記のようなものを書いてみます。

 テーマは、最近考えていることについて。(...後々記事としてまとめられたらいいなあと思っています。)

 

 今回はあくまでふわふわとした雑記なので、裏付けもなんにもありません(笑)

 きちんとした記事が読みたかったら、他のブログをあたるか、半年後にあらためてこのブログを見に来てくださいね。

 

最近考えていること①―これからの世界とデジタル

 いきなりでっかい話!(笑)

 こう書くと大きく見えますが、これからの世界は、「無限の可能性のある世界」だと私は思っています。

 だって、こんな一個人が、簡単に情報発信できちゃう時代だもの。

 

 私は現在20歳。子供の頃から携帯電話はあったし、DSで遊んでいたし、パソコンも身近にあった世代です。どちらかと言えば、デジタル世代なのかもしれない。でも、現在の小中高校生よりはもちろんアナログに近い。

 

 私個人としてデジタルとの距離があった、のかもしれませんが、自分としてはデジタルネイティブであるとは思っていません。

 個人差が大きくなり始めていた境の世代なのかも?なんて。

 

 電車などでスマホを使いこなす、生まれた時からデジタルに囲まれて過ごしてきただろう小学生たちを目にすると、「ああ、デジタルネイティブ世代って”強み”だなあ」と思います。

 ...たかが20歳がそんなこと言ってどうする、という感じなのですが。

 

  日々、技術は進歩し続けている。そのなかで、「あたらしい」ものが生み出されている。

 期待するとともに、私自身も、ひとりの若者として、世界に携わっていきたい。そんなふうに思っています。

 

最近考えていること②-自分の頭で考えることの重要性

 私はそこそこ本は読むほうだと思っています。...あくまで「そこそこ」なんだけど。

 

 読書家といわれる人の多くが言う、「読書の必要性」。私も大いに賛成です。

 

 ~というあなたもブログを読んでいて、しかもこんな無名のブログまで見ている、ということは文字を読むのが嫌いではないんでしょう。だったらこのことは きっとわかってもらえると思う。

 

 文字を、受け入れるだけでは、何も進展しない。

 

 まず第一に、読解。読み解くことができるのが必要。それから、自分の意見をかたちにできていることも重要。それから、自分で「考え」て、述べることができなくてはいけない。

さらに言えば、できなくてはいけない、というか、できるようにならなくては勝負できない時代が来るんじゃないか、と。

 

最近考えていること③-自分の時間を生きること

 自分の時間を生きる。って何を当たり前のことを...って?

 でも、現代において、どれだけの人が「自分の時間」を生きているって胸を張って言えるんだろう。

 

 待ち合わせに遅れた友人を待つ。アルバイトをする。誰かのミスに、腹を立てる。

見方次第でそれらだって、自分の時間を、誰かのために使ってしまっているということで。

 

 最近は、お金という価値よりも、経験を重視する人が増えている、とも聞いたことがあります。

 「よりよく生きる」ということが、見直されるべき分岐点に、私たちはいるのかもしれない。

 

(一応)まとめる。

 今回は「雑記」ということで考えていることからいくつか書いてみました。

 

 相変わらず、慣れていないせいで記事を書くのに時間がかかります。

文体も、どうだろう。内容も、どうだろう。いっそひとつずつ記事に仕上げてから公開すればよかったんじゃないか、とか。

 

 記事を書くたびに、改善すべき点は次々と現れます。

 

 だけど、たまにはこんな感じで、ただつらつらと、文字を打つのもいいかもしれない。